【ヨーロッパからの輸入代行】株式会社ウィルフェアー会社概要 ⇒代表者プロフィール

代表者プロフィール

【経歴】

ハイグロスガード(ナノコーティング)を輸入販売するまで、17年間、物流会社に勤務し、輸出、輸入に関わる業務に携わってきました。
物流と輸入業とは、全く違うものですが、前後に関連する親和性の高い業務です。

入社1年目で通関士という国家資格を取得したおかげで、資格取得以降、責任とやりがいの感じられる業務を任せていただいくことが出来ました。

輸入品の買付に必要な貿易実務や英会話も独学で業務の傍ら取り組んできました。
退職するまで輸出、輸入の貨物の取扱いを続けられてことは、非常に強運だと思っています。
internationallogisticsmall.giftpasmall.gifilm2smal.gif

(左から 際物流管理士、貿易実務準A、通関士)

【海外の展示会で】

輸入モノの海外買付け・輸入代行に行く際、ブースで商品を観る時に
は、以上のような経験と知識から次のような5つの観点で輸入モノを
探しています。

 1.税関(関税法)上の法令から輸入が可能か?。
 2.関税法以外の食品衛生法、動植物の検疫などから輸入が可能か?
 3.輸入後、国内の販売規制について。化学物質審査法、家庭用品
   品質表示義務などに関連する成分データ等を輸出者側から入手
   可能か?
 4.マーケティングしやすい商品か?
 5.国際物流的な観点から判断して効率的な輸送が可能か?

これらの情報を織り込んだ「カンタン見本市買付けシート」という
虎の巻(雛形)を自分で作って買付け時に漏れがないようにしています。
(世界に一つだけの雛形なので、非常に満足しています)
「英語メールサンプル集」と同様に販売しております。

例えば、洗剤などのサンプルを取得した際、日本で販売するためには、
界面活性剤の成分や含有率などを商品に記載する義務があります。
これらの成分を企業秘密として教えないメーカーもいますので、輸入
品の品質は良くても販売できないケースも存在します。
これらの規制などをその場で判断しています。

輸入モノに興味をお持ちであれば、必ずお役にたてる事と思います。

現在の主力業務は、この輸入モノ倶楽部での輸入買付け業務
ナノコーティング剤ハイグロスガードの輸入、販売です。




【英会話の勉強】
輸入買付するための英会話の勉強も貿易実務検定準A級の勉強の時も、いつもICレコーダーに自分の声を録音して、車内で繰り返し聞きました。

車のスピーカーから聞こえる、その自分の声の英語をマネして何度も声に出して覚えました。 

これらのおかげで、ナノコーティング(ハイグロスガード)の輸入も問題なく出来ていると思います。

  【余談】

   私の主観ですが、「これから英会話を勉強しよう!」という方に
   はネイティブのアメリカ人に習うよりも、
    ・英語を話せるようになった日本人か、
    ・または、まずは必要な分野に絞って(例えば、電車の乗り
     方だけの英会話に)自分の声から覚える。
 
   その後、(時間とお金があれば)ネイティブに習う。
    ・吸収力に優れている子供に教える場合は別として、通常の
     大人が勉強する場合はこのやり方の方が効率的だと思います。

   「英語をならうならネイティブに習わないと覚えない」
    という常識には、若干{?}を感じます。

    最初から”日常英会話”を勉強すると、あまりにも覚える範囲
    が広すぎて、覚える前に挫折してしまうだけのような気がしま
    す。  私自身、相当時間を無駄に使いました。

   私は、ネイティブに英語を習ったことはありませんが、
    「ヨーロッパに買付けに行く際に必ず必要になる英会話」と
    「電車の乗り方だったら絶対に大丈夫というレベルの英会話」
    という2つの分野に絞って勉強しました。

     もちろん自分の声で。

   絞った瞬間に上達したように思います。

   このように分野を絞ったことで身についた英会話力が、”日常英
   会話”へと応用されると思っています。

    (このように思うのは、私だけでしょうか???)
   
    →ただ、自分の声を繰り返し聞くということは、とんでもなく
     違和感を感じます。 まして、ほとんどカタカナ読みの英語
     ですから、ストレスにもなりかねませんのでご注意下さい。


     <長い予断ですみません。>

posted by 輸入モノ倶楽部 | 会社概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。